« 雪の朝 | トップページ | 学校行事における日の丸君が代 »

2012年1月16日 (月)

出会い

今日は月曜日。生協の配達のある日である。
犬が鳴くので玄関に出てみるとちょうど配達員が荷物を下ろしているところだった。玄関脇につないであるので犬が邪魔にならないだろうかと気にして「大丈夫ですか」と声を掛けると「大丈夫ですよ」とのこと。「ご苦労様です」と言って私は戸を閉めた。
すると配達員が「ああ・・・」と何か言いかけたのでもう一度戸を開けた。すると「私は以前板橋の方で配達をしていたんですが、その時和子さんには大変お世話になりました」と思いがけないことを言いた出した。
私が住んでいた常盤台の官舎に長年配達をしていたそうで、☓さん、△さんなど幾人かの懐かしい名前を挙げてくれた。
和子が今日名前が出たご婦人たちと楽しそうに、せっせと配達物を仕分けしている姿が彷彿としてきた。そして、こうして名前を覚えていてくださる方がいることに私はここしばらくなかった胸の高鳴りを感じ、喉が締め付けられる思いをしたのだった。

|

« 雪の朝 | トップページ | 学校行事における日の丸君が代 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の朝 | トップページ | 学校行事における日の丸君が代 »