« 句集あとがき | トップページ | 天国の誕生日 »

2012年1月 6日 (金)

諦めでなく信頼を

岩手県に住む信仰の友からメールをいただいた。いつも励ましをいただく友である。
多くの人を生かす言葉であろうと思い、ここに紹介させてもらう。

あけましておめでとうございます。
去年は大変お世話になりました。雪の多いマイナス8度の厳しい寒い正月でした。
昨日から仕事を始めています。今日は少し落ち着いた日になりそうです。来所者と新年の挨拶を交わしながらPCに向かっています。
「教え子の親切」を読ませていただき、みんな先生を心配しているのだと思いました。私も12月2日に緊急入院した病院で、救急車で搬送されて最初に会った看護師さんが、塾の生徒で「先生?」と声をかけて処置をしてくれました。12時を40分過ぎた時間に働いている生徒に感動しました。
私のようなものでも、「先生」と声をかけてくれるとうれしくなります。塾をやってよかったなと心から思っています。
教会の送迎、貴兄もいい牧師、いい兄弟姉妹に恵まれていいなあと思います。
私も、40年間以上たくさんの兄姉の送迎を受けてきました。老いるということは障がいと同じように、今までできていたことができなくなってきます。
私は聖餐式のパン、盃を口に運ぶことが数年前よりできなくなりました。パンには長いつまようじをさしてもらい、盃はワインカップにしてもらっています。
できないことが多くなることは自然で、それを自然に受け入れていくことが大切だと考えています。
我が家の修復は、補強して強い地震がきても大丈夫なように直してもらうように大工さんと話しています。3月11日以降1回も中に入っていません。写真で1部分を見ただけで全体は見ていませんので、全体的な構想はつかめていないので見通しが立てられないのが現状です。すべてを神様を信頼してゆだねていくだけです。
諦めではなく信頼です。
今年も、神様が私をどう持ち運んでくれるかを楽しみにして過ごしたいと思っています。
今年も宜しくお願いいたします。

|

« 句集あとがき | トップページ | 天国の誕生日 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/53669644

この記事へのトラックバック一覧です: 諦めでなく信頼を:

« 句集あとがき | トップページ | 天国の誕生日 »