« クリスマスの献金感謝の祈り | トップページ | キリストを信じる人に歎異抄の薦め »

2011年12月29日 (木)

祈り

先日「『教え子』の親切」と題して紹介したTさんからメールが入った。明け方に打たれたメールである。その題はなんと「私もガンです」というものだった。
今、私には掛ける言葉もない。心を抑えながらこう返事を書いた。
 「そうですか。びっくりしました。転移がなければいいですね。過ぎたことは悔やまないのがあなたの生き方でしょうから、これからを上手に過ごしてくださいね。
夜中でもメールはいっこうに迷惑なんていうことはありませんし、もし誰かに話したかったらいつでも電話してください。携帯の番号は ****です。
妻の経験からいろいろとがん治療には言いたいことがありますが、人それぞれに適切な対処法がありますので、その都度もしもお役に立てるようでしたらお伝えしたいと思います。
新年の用意も気がかりでしょうね。ではまたメールをください。
あなたを覚えて新年を迎える「先生」から。」
神様、どうぞこの姉妹を支えてください。

|

« クリスマスの献金感謝の祈り | トップページ | キリストを信じる人に歎異抄の薦め »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスの献金感謝の祈り | トップページ | キリストを信じる人に歎異抄の薦め »