« 11月句会 | トップページ | 御国へ行く人 »

2011年11月24日 (木)

解く楽しさ 順列組み合わせ

競馬で一着馬を簡単に予想できれば苦労しないのだが、これがなかなか難しい。プロの予想屋さんさえ的中率は30%になど到底いかないのだから、趣味の範囲で遊んでいる者にとっては至難の業である。馬券を買うときには一頭だけでは見返りが少ないので、一着と二着を組み合わせることになる。そうするとまた困難度が増すというものだ。
そこで考えだされる次の手が数頭を選んでそれを組み合わせる買い方である。ただこの買い方は出費がかさむのであまり多くの馬を選んだら大変なことになる。例えば6頭選んでその2頭を組み合わせたら何とおりになるだろう。
そんなことを考えているとき、ふと高校時代に順列組み合わせというものを数学の時間にやったことを思い出した。Cの両脇に数字を書いて、公式に合わせれば答えが出るのだった。だが肝心の公式をすっかり忘れている。
尋ねる人も居ないので先程「高校数学 順列組み合わせ」とキーワードを入れて検索にかけた。なんといとも簡単に例題が出たではないか。懐かしい公式である。数問やってみたら全問正解であった。
数学はこうして正解なるものが用意されている。そこに楽しさもあるのだろう。
世の中、こうはいかないのが常ではあるが・・・・。

|

« 11月句会 | トップページ | 御国へ行く人 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月句会 | トップページ | 御国へ行く人 »