« 成績の悪い子の人格 | トップページ | お昼食べたよ »

2011年10月24日 (月)

めぐり合い

教会では神学生を覚えて祈り、支援する日がある。その一環として昨日は神学生を招いて御言葉を取り次いでもらう礼拝を設けた。
普段は東京の聖書神学校で学んでいる4年生のSさんがはるばる二時間をかけて来て下さった。いつものように先生の車に迎えられて教会に着いた私は願い出て礼拝前の説教者と司会者の祈りの場に参加した。そしてSさんがこれからの神への奉仕の道を神様の守りの下に過ごさせてくださいと祈ったのだった
 
礼拝が終わり帰りの途、Sさんも先生と共に来て下さった。車の中でSさんの生活を伺ってみるとご主人は富士市で牧会をしているという。富士市には私が教師になって二回目に担任をしたOさんがいる。彼女も教会に行っているはずである。もしやと思って、O・Kさんという方はいらっしゃいませんか、と問うと、「あゝ、奏楽をしているOさんかしら。60歳くらいですか?」とのこと。私が28歳で彼女は中学1年生、その年令だ。
神学校に依頼してたまたま派遣してもらった神学生の教会でOさんが奉仕をしているとは!
車から降りて、牧師と帰っていくS神学生に私は「Kちゃんによろしくお伝え下さい」と思わず言ってしまった。60歳のご婦人も私にとってはあの快活なKちゃんに違いなかった。

|

« 成績の悪い子の人格 | トップページ | お昼食べたよ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成績の悪い子の人格 | トップページ | お昼食べたよ »