« 60年台の付き合い | トップページ | 講師紹介が簡単である場合 »

2011年9月 3日 (土)

樽木野という蕎麦屋さん

今朝のNHK朝のテレビ小説「おひさま」は蕎麦屋さんが大火に遭う場面だった。いったいこれは事実に基づく話かどうか知りたくなって検索しているうちに、数年前妻と松本市を訪れた思い出がよみがえってきた。
松本駅前でなかなかいい雰囲気の蕎麦屋に入ったのだった。古いCDロムを取り出して写真を見ると、どうも樽木野という名のお店らしい。
車椅子のままお店に入り、狭いテーブルを前に二人で向き合った。何を食べたのか覚えていないが、たぶん山菜そばでも頼んだのだろう。若い店員さんが心地よく応対してくれた。
ネット検索してようやく見付け出したその店は店内も外観も想い出通りのたたずまいだった。
いつも持ち歩くバッグをテーブルの上に置いて麺をすする妻の写真を見ながら、彼女はいなくなったが、蕎麦屋さんがそのままあることに小さな喜びを感ずる私だった。

|

« 60年台の付き合い | トップページ | 講師紹介が簡単である場合 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 60年台の付き合い | トップページ | 講師紹介が簡単である場合 »