« 民数記と共に5年 | トップページ | 「ビッコ」という言葉 »

2011年9月19日 (月)

秋が来た

 風呂桶に二回沈める秋が来た
 
この頃は体を洗ってから浴槽に浸かって、しばらくして上がることが続いていた。以前のようにまず体を温めてから体を洗い、もう一度浴槽に入ることは体の動きがきつくなってからはできなかったのだ。
今夜は何か月ぶりだろう。二回入ることが出来たのである。涼しい秋になったこともあるが、もう一つ、それはこのごろの体調に関係しているようだ。
腕の痛みも少し和らいだようだし、浮腫みが減って動きやすくなったのである。
一度横になると疲れが体全体を包み、腕の自由に回らない状態は変化ないのだが、その中に一筋の望みの糸が張っていることを感じている。

|

« 民数記と共に5年 | トップページ | 「ビッコ」という言葉 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民数記と共に5年 | トップページ | 「ビッコ」という言葉 »