« 8月の句会 | トップページ | 重い過去 »

2011年8月23日 (火)

病院巡り

温泉巡り、酒場巡り、名所巡りと聞くとうきうきした気分になる。やったことはないがきっと楽しいに違いない。
宮沢賢治に「星めぐりの唄」という可愛い小品がある。これもなかなかいい。ユーチューブで聴けるから興味があったらチェックしていただいたらいい。
それに比べて病院巡りとはなんとも浮かない話しである。
昨日、9時半に福祉タクシーで家を出た。踏切が珍しくなかなか開かず、病院着は10時。血液検査を終えて待つこと2時間、肝臓の定期検診を受けた。その際足の浮腫の相談をし、利尿剤を試みることにした。あくまでも試みであって医師にも浮腫の原因はわからないのだ。
診察が終わる頃約束どおり、福祉タクシーが来て、今度は市内の他の病院へ、2時からのリハビリのためである。院内食堂で味噌ラーメンをすすり、2時を待つ。
ここで肩の筋肉を強める動作を行う。ポストポリオ後遺症は筋肉のオーバーユースが原因と言われるとき、このリハビリが適切かどうか疑問もあるが、何かせぬわけにはいかず、やってみる。
浮腫についても相談したがうまい助言はなし。
こうして2つの病院診療を終え、帰宅は3時20分。
おおいに疲れた一日ではあった。
ただいいことに福祉タクシー故、雨模様の病院巡りでも駐車場確保、昇降などには全く気を遣わなくてよかった。
賢治の唄のように、それぞれの星、見上げる対象の中にいいものを見つけながら生きられたらと思う。

|

« 8月の句会 | トップページ | 重い過去 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月の句会 | トップページ | 重い過去 »