« 時に応じて | トップページ | 60年台の付き合い »

2011年8月31日 (水)

浮腫の軽減

風呂に入るのが苦労になってくるとそれは諦め、体を拭くことで済ませるようになる。一か月前だったろうか、洗面所で裸になり、タオルを絞って体を拭い始めた。ふと鏡を見ると、大腿部の異様に大きい有様がそこには映っていた。我が家の鏡は車椅子用に少し傾斜をしているから腰の周囲まで映るのである。
もともと短い大腿部なのだが、それが膝を先端にして三角形になっている。昔学校に下肢が太っていく病気を抱えた子どもが居たことを私は思い出した。高等部に居た子だったが素直な明るい良い生徒だった。治療法がないままに彼は在校中に召されていった。
 
我が足の太いのは浮腫のせいだった。大腿部のみならず足が爪先まで固く、太っていたのだ。
先日の肝硬変の定期健診の際、いつものことなのだったが、医師に何とか対処法はないものかと訴えてみた。すると医師もその酷さに同情したのだろうか、車椅子に乗っているとどうしてもねー、という常套句を用いず、利尿剤を試してみますか、と聞いてきた。あまり期待はしなかったが、そうですね、と私は応じた。
 
それから10日。今我が身に激変が起きているのである。なんと浮腫みが軽減し、あれほど固かった足が細く、柔らかくなり始めたのである。昨夜体重を計ると6キログラムも減っているではないか。
これがこれからどう推移するだろう。足が軽くなって日常生活が少しでもやりやすくなって欲しいものだ。

|

« 時に応じて | トップページ | 60年台の付き合い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時に応じて | トップページ | 60年台の付き合い »