« 礼拝出席の喜び | トップページ | 有り難い、という認識 »

2011年8月16日 (火)

友の励まし

いつか「空を見る人、谷を見る人」と題してここに紹介した友、ODさんから先日の記事に関して感想をいただいた。
彼のことばには力と重さがある。ここにその一部を載せさせてもらおう。
 

1ヶ月ぶりの礼拝よかったですね。喜びが伝わってきます。いろいろな人に助けられて生きることも大切です。弱ったところは手伝ってもらいましょう。生きていることだけでも素晴らしいことです。
北国も35度の日が続いています。わがセンターは日曜以外は休みはありません。困っている人には日曜祝日はありません。365日電話でも受けています。今日も8人の来所者がありました。
ひとりの女性は母と父の車できました。私は1時間半彼女の悩みや愚痴を聞きました。大変だけど生きているだけでいいんだよ、と伝えました。
お盆でも行くところのない寂しいひとたちです。でもみんないい人たちです。また明日来ます。元気な顔を見ることが私の仕事です。
 
ODさん、ありがとう。

|

« 礼拝出席の喜び | トップページ | 有り難い、という認識 »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 礼拝出席の喜び | トップページ | 有り難い、という認識 »