« ある本のすすめ | トップページ | 夏からぬ夏 »

2011年7月14日 (木)

脱原発

首相が昨日の記者会見で「脱原発」を表明したそうだ。原発への依存度を徐々に減らして、自然エネルギーへの転換を図っていくという。
 
マスコミは「道筋なき政策大転換」(読売新聞)とおお見出しを掲げて管さんを批判している。現在の原発が果たす役割を考えると産業界に与える影響が大きいというのである。
だが、今誰が道筋を明確に示しうるだろうか。確かに政治の世界では感想めいた発言は好ましくないのかも知れない。
 
脱原発を表明したことを私は評価したい。管さんの脱原発の説明の中に「これまでの安全確保の考えだけでは、もはや律することができない技術だと痛感した」という言葉がある。
その通りなのだ。人間界には律することができないことがあるのだ。人間の知恵に任せて産み出した魔物、その力は造り主の想像を超えて動き出す。
有機体の集合である人間界は有機物の相互依存で存在し続ければいい。

|

« ある本のすすめ | トップページ | 夏からぬ夏 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある本のすすめ | トップページ | 夏からぬ夏 »