« ユリ抱いて | トップページ | 家庭の味の流れ »

2011年6月24日 (金)

特待生

朝はなかなかやるべきことが多い。食器の片付けはもちろんのことだが、その他ベッドまわりの整理、夜の残滓の処理などたくさんのことをせねばならないのだ。
昨夜はトイレ関係の失敗があってひとっきり大変だった。幸い今日は天気もよいし、洗濯物が簡単に乾く。そこで洗濯機が空であることを確認して、シーツやらパジャマなどを思い切って洗うことにした。
洗濯機の洗濯は時間がかかるが放っておけば機械がやってくれる。問題は車椅子では覗けないタンクの中の洗濯物を取り出す作業である。
マジックハンドを用いてそれもなんとかクリアーして、外のスロープの手すりに干した。
すると10分もしないうちにすっかり乾いてしまった。
先程風に飛ばないうちにしまったほうがいいだろうと判断して取り込みを済ませたところだ。
そしてやっと今、11時過ぎになってパソコンに向かったといういわけである。
以前は身の回りのことは皆妻がやってくれていたのだが、思えば私は特待生の身だったのだ。

|

« ユリ抱いて | トップページ | 家庭の味の流れ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユリ抱いて | トップページ | 家庭の味の流れ »