« 取り換え社会 | トップページ | 孫の手 »

2011年6月14日 (火)

階段の音

今朝も階段を駆ける音が聞こえた。ヒカちゃんが学校にいく用意をしているな、と直感する。
ヒカちゃんは小学校6年生になったが相変わらず家の中を駆けて歩く。トン、トン、トンという音が響くときにはヒカちゃんが移動しているのである。
以前のように私にまとわりつくことはめったにしなくなった。返事が返ってくることも少なくなってしまった。
だが、ヒカちゃんは常に行動していないと気が済まない質である。下校後はテレビをつけっぱなしで宿題にとりかかる。時間が余れば絵を描いたり、工作を始める。先日などは私の書斎にやってきてプリンターで漫画本をコピーし、それを見ながら見事な鉛筆画を仕上げた。
夜はサッカーの練習に出かけるから昨日もバッグなどを玄関に用意したのだが、それを階段をトン、トンと昇り降りしながらやったのだった。
ヒカちゃんの階段の音は我が家を誰かが叩いてくれている音にも聞こえる。

|

« 取り換え社会 | トップページ | 孫の手 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 取り換え社会 | トップページ | 孫の手 »