« 友逝く | トップページ | 俳句という表現方法 »

2011年4月25日 (月)

使われなかったパジャマ

納戸を覗いたら赤いきれいな包装紙にくるまって、その表には「Thanks mother」と書かれたカードが付いたパジャマが出てきた。薄緑色で、襟元には控えめではあるがレースの飾りがある。一度も使われた形跡がなく、丁寧にたたまれたままのパジャマである。
妻が誰かにいただいて、そのまま使うこともなく置いといたものであろう。その時着ていたパジャマがまだ使えるものだったので着そびれたのか、地味な彼女にはちょっとばかりおしゃれすぎてそのままになったのかは定かではない。
さあ、これをどうしたらいいだろう。娘達は着ないだろうし、秋にある教会のバザーにでもだそうか。
カードと一緒に入っていたカーネーションの造花を妻の写真の脇に置いてある小さな木製の十字架に巻きつけておいた。赤い色が主の贖いの十字架によく似合う。
もうじき母の日がやってくる。

|

« 友逝く | トップページ | 俳句という表現方法 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友逝く | トップページ | 俳句という表現方法 »