« 非社会性の高まり | トップページ | 歴史を支配する神 »

2011年3月31日 (木)

太陽の恵みを断りますか?

地震で大きな被害を受けた友に援助の手を差し伸べようとしたら、彼は最初は、「大丈夫です、ありがとうございます」と言ってきたのだが、その後で、三浦綾子の書物の中で彼女が「太陽の恵みを断りますか?」と書いていることを思い出したとのことだ。そして、私も皆さんの援助を受けることにしましたと新しい連絡をしてきた。
太陽はいつも温かく、天から限りない愛を光として人に贈り続けている。その愛を私たちは断るなどしていない。その愛なしでは生きられないからだ。
そう気づくと弱さの故にいつも他人の世話になっている者も、頼ることを遠慮しなくていいのだと心が晴れる思いがする。
太陽は人によって異なるだろう。神であったり、親であったり、友達だったりするかも知れない。その愛に安心して身を任せ、恵みのうちに生きていこう。

|

« 非社会性の高まり | トップページ | 歴史を支配する神 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 非社会性の高まり | トップページ | 歴史を支配する神 »