« 地震の怖れを取り除き給え 司会者の祈り | トップページ | 車椅子に乗らないと! »

2011年3月15日 (火)

冷静に生きる

地震は自然災害だ。これにどう対応するかは人間の知恵による。だが、原発の事故は人間が創りだしたものと言わざるを得ない。自然界に存在するものをその範囲内で用いて生きることをいつの間にか人は超えてしまった。
しばらく前には原発に反対して、電気料金を一部割愛して支払うなどして抵抗したこともあった。科学者の中にはロジカルに原発の危険を訴え続けて亡くなった方もいる。
だが、消費社会が増長し、消費電力量が増すに従ってそうした声や運動もキリスト者の間でも見えなくなってしまった。
今福島原発で起きている事態がなんとか少ない被害で済み、近い将来原発について問い直す機運が盛り上がることを祈らずにはおられない。

|

« 地震の怖れを取り除き給え 司会者の祈り | トップページ | 車椅子に乗らないと! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地震の怖れを取り除き給え 司会者の祈り | トップページ | 車椅子に乗らないと! »