« ヤクルトレディへ手紙を頼んだ | トップページ | 最後の灯油買い »

2011年3月 9日 (水)

昭和35(1960)年のテレビ番組

西川哲治先生の信仰を調べているうちに、インターネットで昭和35年のテレビ番組表に行き当たった。7月3日、日曜日の番組が幾つかのテレビ局ごとに載っているものである。
先生の名は、「NHK教育12」の午後10時の欄に「原子力時代の物理学『トムソンとボーアの原子模型』ホハイト、西川哲治」と記されていた。
日曜日は先生が教会で説教をし、第一日曜日だから役員会もある日である。その忙しい中、先生は10時という遅い時間にテレビ局に出向いていたのだ。録画放送なら問題ないではないかという方のために言えば、私は先生の家にこの翌年少しの間同居させていただいていたので先生が迎えの車で出かけている姿を知っているのである。
この時先生は34歳、翌年には教授になられるのだが、教会と研究の両面で懸命に生きられた先生のお姿には感心する他ない。
ちなみにこの番組表にはこんなものが載っていた。「読売テレビ」・・・8時から「プロ野球巨人対国鉄」、「NHKテレビ2」・・・8時から「パノラマ劇場 森繁久彌、黒柳徹子、ジュエリー藤尾、藤田啓二、大山しのぶ代、加藤治子、植木まり子ら」。
この番組表は私の心を大学時代に誘い、しばし青樹のような想い出に時を忘れさせてくれたのだった。

|

« ヤクルトレディへ手紙を頼んだ | トップページ | 最後の灯油買い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤクルトレディへ手紙を頼んだ | トップページ | 最後の灯油買い »