« 如月句会 | トップページ | 役場も出張サービスを »

2011年2月13日 (日)

礼拝の喜び

今日の御言葉はルカによる福音書19章1節から10節。徴税人ザアカイがいちじくの木に上ってイエスを迎えたところである。
徴税人は当時多くの人に嫌われていた。また、彼は金持ちでもあった。罪深い人、金持ちは救いからは遠い人、これがイエス以前の信仰理解であった。
だが、その理解故にイエスに近寄り難いザアカイは木の上からイエスに接し、イエスを求めていたのだ。
イエスはその彼を呼び、彼の家に泊まりたいと自らおっしゃる。そして、「今日、救いがこの家を訪れた。」と救いの宣言をしたのだ。
イエスの救いはこうして救いを求める人のところに来られる。明日ではなく今日に。

|

« 如月句会 | トップページ | 役場も出張サービスを »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 如月句会 | トップページ | 役場も出張サービスを »