« 主の恵は永遠に | トップページ | 「ねえ、バアちゃん」 »

2011年2月 7日 (月)

夜が来た

夜が来た。一日が無事に終わる。
朝、皆出払った後、一人で食事。そして、東の窓のカーテンを開けて、陽をいっぱいに迎え入れた。
 
頭を垂れて声に出して祈りの時を持つ。
混乱の政治、不況の中で苦しむ世の人々、それらが主の御心が顧みられることによって変えられていきますように。
何の心配もなく朝が与えられ、食事を終えた自分の生活を感謝。また、学校や職場に行った者の一日が守られますように。
Kさんの家の息子さんが無事脳腫瘍の手術を受けられますように。
教会の病にある兄弟姉妹が今日を希望のうちに過ごせますように。
  
10時頃から昨日の教会役員会の議事録を整理し、教会通信の仕上げをした。
週2度のマッサージを2時から受け、その後しばし休息。
  
こうして一日が終わる。

|

« 主の恵は永遠に | トップページ | 「ねえ、バアちゃん」 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 主の恵は永遠に | トップページ | 「ねえ、バアちゃん」 »