« 罪を負ってくださる子羊 | トップページ | 年賀はがきの整理 »

2011年1月23日 (日)

司会者の祈り

 天地の造り主なる、恵み深き神様。
 一週間の旅路をおえて、今朝再びこうして御前に集わせてくださり、あなたとの交わりを許されますことに心からの感謝を献げます。
 どうぞこのひと時、あなたご自身である御言葉と豊かに交わり、また、心からの讃美と感謝を献げられるよう私たちの体と心を整えてください。
 私たち自身は土の器であることを知っております。弱い物であり、誇るところもありません。外からの少しの力ですぐに壊れるものです。また、いつもその不安に怯えています。
 しかし、主よ、私たちはあなたに造られたものであることも知っております。あなたはこの土の器である私たちにあなたの息を吹き込み、生かし、あなたの子供としてお用いくださいます。
 どうぞ神様、壊れ、消え去る不安から私たちを守り、造り主なるあなたの御心に立ち還り、心を高く上げて生きる者とさせてください。
 この礼拝に集えない多くの兄弟姉妹がおられます。どうぞ主よ、その方々にも御言葉を聞かせてください。病める者を慰めてください。
 あなたの御言葉を取次ぐ先生の体と心を自由にし、御力を与えてください。
 この祈り、主なるキリスト・イエスのお名前によって御前にお献げいたします。
 アーメン

|

« 罪を負ってくださる子羊 | トップページ | 年賀はがきの整理 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/50644473

この記事へのトラックバック一覧です: 司会者の祈り:

« 罪を負ってくださる子羊 | トップページ | 年賀はがきの整理 »