« 天国の誕生日 | トップページ | 寒い日 »

2011年1月10日 (月)

礼拝司会者の祈り

 慈愛に満ちた天の父なる神様。
 大変寒い朝ですが、私たちはあなたの憐れみによって、こうして導かれ、ここ教会に集ってまいりました。今、私たちはあなたの御前に自分の体を捧げ、神様の家族として集まっておりことに心からの感謝を捧げます。
 どうぞこのひと時、この世の重荷から、寂しさから、不安から解放されて、心をあなたに集中して礼拝を守らせてください。讃美と感謝を献げさせてください。
 今はあなたの御子イエスの誕生の喜びの時ですが、私たちの周囲には、いや私たちの中には、不信、争い、失望、痛み、悲しみが満ち満ちていることを覚えます。
 どうぞ神様、私たちの救いのためにこの世に下されたイエスをそっくり自分の中にいただき、自分を神様の愛の世界に移し変えて、不信や争い、失望、痛み、悲しみの世界を変えていくことができますように励ましてください。
 新年を迎え、私たちの教会があなたの体として一体となって御用に仕える事ができますように御霊を送ってください。
 この礼拝に集えない多くの兄弟姉妹がおられます。どうぞ主よ、その方々にもみ言葉を聞かせてください。あなたが臨んでくださるようにと祈ります。
 あなたのみ言葉を取次ぐ先生の体と心を自由にし、その務めを果たさせてください。
 この祈り、感謝の心をもって主のみ名によってお献げいたします。アーメン

|

« 天国の誕生日 | トップページ | 寒い日 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天国の誕生日 | トップページ | 寒い日 »