« 一日を送る感謝 | トップページ | 小鳥の訪問 »

2011年1月29日 (土)

国旗・国家の概念は定着しているか

「入学式や卒業式で国旗に向かって起立し、国歌を斉唱するよう、教職員に求めた東京都教育委員会の通達は、合理性があり、合憲である。」と東京高裁が判断したという。
これを受けて大方のマスコミはこれを肯定する論調のようだ。読売新聞の今朝の社説も同様である。「国旗・国歌として、多くの国民に定着している」「他国の国旗や国歌に敬意を表すのは、国際社会で当然のマナーである」というのが判決を是認する理由だ。また、学習指導要領が定めていることもその理由の一つらしい。
そして、かつては「一部の教職員組合がイデオロギー的立場に基づいて『反国旗・国家』運動を繰り広げ」たが、「子どもの手本となるべき教師が、入学・卒業式を厳粛な雰囲気で行うのは当たり前のことだ」と社説を締めくくっている。
この社説の大きな問題点は、多くの国民が云々、国際社会では当然のマナー等と言って多数派を作り出し、そこから外れる者を異端視していることだろう。君が代を歌えない人は「当たり前」の人ではないのだろうか。もう少し多数者の側がゆとりを持つことこそが民主主義ではないのか。

|

« 一日を送る感謝 | トップページ | 小鳥の訪問 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一日を送る感謝 | トップページ | 小鳥の訪問 »