« 大丈夫よ、と言った女性 | トップページ | 今日も送りぬ、主に仕えて »

2010年12月10日 (金)

夕方になったぞ

外には闇が押し寄せて来ているよ。今までベッドで「世界街歩き」を見ていたんだ。ルーマニアの古い街で皆がそれぞれに楽しく時間を過ごしているようすが紹介されていた。子どもがお母さんと階段の数を数えながら道を登っていたり、お城のような教会では高いところで歌う聖歌隊に併せて讃美がされていた。
明るいうちにベッドに乗ったから真っ暗になる前に降りて来たというわけさ。
子どもや老人、若い女性、道端でビールを楽しむ男達、いろいろな人達が元気に居る風景っていいもんだね。
それを思うと今日も僕は一人でずっと家で過ごしたな、という感慨にふけらざるをえないさ。でもね、これは僕だけではないんだ。午前に電話で話したS氏は僕より3歳歳上だけど、前立腺癌のためにすっかり枯れた境遇らしい。東大病院まで月に一度抗癌剤の治療に電車で行けるけど、毎日は何をするでもなく家でそっと過ごしているんだって。何も趣味がないと言っていた。部屋でできる植物栽培でもやったらどう?と声を掛けるたら、いいこと聞いた、今日は励まされたよ、と言って電話を切った。実はS子さんの病状を伝えるために電話したのだったが、もう病人の話はいいよ、だってさ。
僕などこうしてブログで多くの人と交わりができるし、教会の仕事やその他の役割を果たすことも出来て、幸せな方かもしれないね。
ルーマニアの人とは違う精神世界が僕の周りにはあるんだと思うよ。

|

« 大丈夫よ、と言った女性 | トップページ | 今日も送りぬ、主に仕えて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大丈夫よ、と言った女性 | トップページ | 今日も送りぬ、主に仕えて »