« 灯火親し | トップページ | 小さな触れ合い »

2010年11月24日 (水)

熱い茶碗

昼食を終わったところだ。台所に茶碗に入れたままのご飯があったのでそれをレンジで温めて食べた。
おかずは5分間熱湯の中で温めれば食べられる買い置きの料理である。
ガスレンジが壊れたのを機にクッキングヒーターを入れたので熱湯を作るにもあまり不自由なく出来るのはありがたい。
 
だが、レンジで茶碗ごと温めるのは好きではない。熱い茶碗をもって食べるなんておかしなことだ。炊きたてのしっとりした温かな御飯をよそって食するのが本来の姿だろう。
再び「だが」である。だがそうは言っておられないのが現実でもある。
若いものはこれを当たり前のようにやっているのだから、それを拒否したら食いはぐれることになる。

|

« 灯火親し | トップページ | 小さな触れ合い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灯火親し | トップページ | 小さな触れ合い »