« 共にいる幸せ | トップページ | 留萌宮園伝道所の祈りの交わり »

2010年10月29日 (金)

懐かしい友との一日

職場時代の友が4人、雨の降る中そろっておいでくださった。
池袋発、10時19分、私の町の駅には11時41分着、とこんな計画をSさんが立ててくれて、それはあたかも学教行事の際、いつもこうして作成される実施計画書のようでもあったのだが、今回の訪問は実現したのだった。
Sさんが途中の大宮駅で会席料理のような豪華な駅弁を買ってきてくれたので、まず食事をすることにした。ビールで乾杯、いや妻の遺影が飾ってある部屋だったし、皆さん妻とも親しく交わってくださった方であったので、「献杯」をしてから美食に与った。
そして、3時間の打ち解けた素敵な時間を共有した後、これも計画にあるとおり、15時31分発の湘南新宿ラインに乗って帰って行かれた。
職場では理科、音楽、養護訓練、重複学級担任、とそれぞれの持場で毎日子どもたちと過ごしていた方々であるが、学校行事や日常の勤めを通してお互い信頼関係を築いていったのだろう。職場を去って10年以上も経った今、こんどは年を重ねた人間が背負う多くの課題を共有しながら温かい交わりが続いている。
昨日はそれを具体的に体験できるよい場を皆さんが一日かけて設けてくださったのだ。なんと幸いなことだろう。

|

« 共にいる幸せ | トップページ | 留萌宮園伝道所の祈りの交わり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 共にいる幸せ | トップページ | 留萌宮園伝道所の祈りの交わり »