« ばあちゃん(妻)へ | トップページ | 懐かしい友との一日 »

2010年10月26日 (火)

共にいる幸せ

病院で偶然姉夫婦に会った。姉はいつものように義兄を助け、車椅子を押していた。
兄は以前から病気を抱えていたが、この頃は歩行にも不自由を持ち、ほとんど家で過ごしている。だから診察には必ず姉が付き添っているのである。
姉は家でも風呂の介助や夜の排尿の手伝いをしているらしい。
だが、それらを極当たり前に、いつも兄を立てて、少し耳の遠くなった体でやっている。笑顔を絶やすことなくしているのである。
会計を済まそうとしたら姉夫婦も来たので一緒に食堂に行って、ラーメンをご馳走になって帰ってきた。
なにをするでもなく毎日を平凡に送っている姉夫婦であるがああして共に日々を送ることが何よりの幸せなのだろう。

|

« ばあちゃん(妻)へ | トップページ | 懐かしい友との一日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ばあちゃん(妻)へ | トップページ | 懐かしい友との一日 »