« 寝返りをうてない人 | トップページ | 本を読む娘 »

2010年9月13日 (月)

介護と親子関係

今朝のNHKで介護をしていた息子が父親を殺した話題を取り上げていた。
良く面倒をみる息子として近所でも認められていたという。父親の痴呆が進んで、二人の関係が険しくなり、ついに親殺しという悲しい結末になったのだそうだ。
ニュースは介護における親子独特の難しさにも触れていた。
 
他人を観るように親を一人の援助を必要としている人として捉えられなくなるのだろう。自分を育てたしっかり者の父親が、そして毎日援助をしているこの親が大便で常に下着を汚している。他人なら突き放して、仕方ないなー、と冷静に言えるのだが、親ではそのようにはいかない。
  
こんな難題に直面している親子がいったいこの世にどんなにかいることだろう。

|

« 寝返りをうてない人 | トップページ | 本を読む娘 »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寝返りをうてない人 | トップページ | 本を読む娘 »