« わたしはあなたと共に | トップページ | 介護と親子関係 »

2010年9月 9日 (木)

寝返りをうてない人

夜中に腰が痛くて目が覚める。寝返りをうつことができないから腰に痛みが来るらしい。電動ベッドの頭部側を上げたり、足の方を操作したりするのだがうまくいかない。
ベッドに起き上がって、体を半分に折ってうつ伏せの状態でしばらく休んでいる。そして、また寝る。
人は一晩に何回か寝返りをするという。子どもがベッドから落ちるのもそのためだろう。だが、体が弱り自然に寝返りをうつことのできない者は一定の姿勢でいなければならない。これはつらいことだ。
筋萎縮性のS君は21歳で天に召されたのだが、お母さんはそれまで添い寝をして寝返りを助けたとおっしゃっていた。上掛布団も400グラムであったという。
うつ伏せ寝が好きだった私だがもうその楽しさを味わうこともない。

|

« わたしはあなたと共に | トップページ | 介護と親子関係 »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わたしはあなたと共に | トップページ | 介護と親子関係 »