« 老いを恵みとして | トップページ | 自然の中の人間 »

2010年9月21日 (火)

喜びに満ちた交わり

聖日礼拝の後、「一日研修会」が持たれた。テーマは「私の信仰生活」。
 
三人の友がそれぞれの信仰生活を10分ほど話してくださった。アメリカの生活を交えて多くの方に支えられた経験を笑顔で語る女性、イエスに自分を賭けて生きておられるという友、毎日聖書を読み、祈り、讃美歌を歌い、奉仕をし、礼拝を欠かさず、交わりに務め、献金をささげる、この7箇条を大切にしているという「受洗後今日が168日目です」とおっしゃる男性。
 
この教会に来て、こんなに豊かな証を聞くのは初めての経験だった。思わず「ありがとうございます。もう今日はこれでおしまいにしましょう」と冗談を言ってしまうほどであった。
 
その後、ギターによる讃美の時、懇談の時を持って、3人ずつ小グループで祈りの時を持って「研修会」は終わった。
  
12名という少人数での会ではあったが、教会ホールはいっぱいの喜びで満たされていた。

|

« 老いを恵みとして | トップページ | 自然の中の人間 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老いを恵みとして | トップページ | 自然の中の人間 »