« 臓器移植に思う | トップページ | 孫がいる喜び »

2010年8月12日 (木)

俳句 梅干し

8月、定例句会。

主な作品
 
人気なき午後の農家や梅干され    悠歩
梅干して老いし吾が身をほめにけり  いく
梅干の味見しながら仕舞い込む    ひさい
  
ひまわりや今朝の血圧正常値     いく
七夕の竹を切り出す八十路かな    洋子   
出産の娘を労ふや夫の夏        ひさい
目覚めれば庭の木立に蝉しぐれ    ひさい
 
膝光る自転車の子や夏休み      悠歩
礼言いて宅配受けぬ夏の午後     悠歩
立てぬ身や雷止まず天仰ぐ       悠歩

|

« 臓器移植に思う | トップページ | 孫がいる喜び »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臓器移植に思う | トップページ | 孫がいる喜び »