« 村祭りの日 | トップページ | 不満を言わず 感謝して »

2010年7月18日 (日)

苦しみも恵みとして

今朝のメッセージはフィリピの信徒への手紙(一章12節~30節)からだった。
パウロはこの手紙を獄中で書いている。パウロはその苦しみを神の視点から捉えていると牧師は語った。
人の立場からは苦しみは避けたいものである。しかし、神の視点から見ると、そこには神の御心がある。ご支配がある。
私たちもその視点を与えられていることを覚え、主に励まされてい生きたい。

|

« 村祭りの日 | トップページ | 不満を言わず 感謝して »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 村祭りの日 | トップページ | 不満を言わず 感謝して »