« 民放はいらない、と言った父 | トップページ | 礼拝司会者の祈り 10・6・20 »

2010年6月18日 (金)

友の褒め言葉

大阪は梅雨に入ったようでです。
以前には句集をいただきありがとうございました。内容もそうでしたがあれを一人で印刷、製本までやってしまったとは実に驚きました。わたしは古いワープロで製本も未熟でお恥ずかしい次第です。でも今回はホッチキスなしでやってみました。
季節柄ご自愛ください。
先日の「こころの便り」、実にうまい文章で、まるでプロみたいでしたね。妻もあの文章でファン心が強くなりましたよ。
  
大学時代の河内長野市に住む友人からの書きぞえである。一行詩の会「点晴」の世話役をやっているのであまり興味のない私にも冊子が出来る度に送ってくれる。そこに添付されていたのが上記の文だ。
こうした小さな言葉に喜びを見出しながらの毎日である。

|

« 民放はいらない、と言った父 | トップページ | 礼拝司会者の祈り 10・6・20 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民放はいらない、と言った父 | トップページ | 礼拝司会者の祈り 10・6・20 »