« 友の褒め言葉 | トップページ | 外の明るさ »

2010年6月20日 (日)

礼拝司会者の祈り 10・6・20

 恵みに富みたもう天の父なる神様。
 あなたの豊かな愛によって今朝も私たちはこうして御堂に集うことが許されました。心から感謝致します。
 あなたは私たち一人ひとりを愛し、しっかりとその胸の中に抱きたもう故に、週の初め、御言葉をもう一度語りかけて下さり、それによって弱い私たちを励まし、また、私たちを用いてあなたの御心をこの世に伝えるべく兄弟姉妹そろって今朝もお招きくださったと信じます。
 どうぞこれから始まる礼拝のひとときが、あなたの霊に導かれて、御心に適うものとなりますようにと祈ります。
 私たちは様々な弱さの中にあります。年を重ね、体に痛みを持つ者、病床にあって不安と痛みの時を過ごす者、また病む者の傍らにいて苦しみを負っている者、職場の将来や家庭のこれからに確信が持てない者。
 どうぞ神様、この私たちがいつもあなたを見上げて、あなたに希望を見出し、心からあなたに寄り頼む者となることができますように聖霊を遣わせてください。
 今朝、ここに集えない兄弟姉妹のことを思います。どうぞ私たちと同じ恵みと慰めが友の上に注がれ、あなたの顧みのうちにこれからの一週間を過ごさせてください。

 大事な御用に当たられる先生を上からの力で満たし、御言葉を会堂に響かせてください。
 この祈り、再び来られた精霊の主、イエス・キリストのお名前によって御前にお捧げ致します。
 アーメン

|

« 友の褒め言葉 | トップページ | 外の明るさ »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友の褒め言葉 | トップページ | 外の明るさ »