« 来年の花見 | トップページ | 4時の下校 »

2010年5月19日 (水)

5月の俳句

花苗の名はカナばかり直売所              島村洋子

一山を飾る片栗花盛り                        小沼いく   

布団減り自由の増しぬ春の床              渋沢悠歩

通過する線路脇まで花菜咲く              清水ひさい
  
もう一週間も前に催した句会の中の作品。
女性方はよくお出かけになる。その先で体験したことを作品にするので印象強いものができる。
それに比べて私の句は生活の一端を詠んだものが多い。これもやむおをえまい。
清水さんに「重い布団も落ち着くけどね、この句もわかるよ」と言われて共感者のいることの嬉しさを感じた句会ではあった。

|

« 来年の花見 | トップページ | 4時の下校 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来年の花見 | トップページ | 4時の下校 »