« 老いと家族 | トップページ | 油絵とパソコン »

2010年5月24日 (月)

雨の通院

昨夜来強い雨が降っていた。今日は肝臓のCT検査の日である。
夕べ床に入って通院ができるかどうか心配が募った。二人の若者は勤めがある。では近くに住む義姉に同道してもらおうか、それとも福祉タクシーを利用するのがよいか。単なる診察だけなら雨の具合によっては日を変えてもらうこともできようが検査はそうはいかないかもしれない。
あれこれ考えているとき、ふっと心が動いた。どうなろうともそんなに大それたことではない。明日になればなるようになる。きっと守られるに違いない。
 
昨夜ほどではないが雨は降っていた。ビニールの合羽を出し、腰から下を切り離した。長いままだと車椅子に乗った状態では着脱できないし、車の運転席に移乗するにも不便だ。
 
病院に着く頃には雨は弱くなっていた。看護師さんの温かな応対によって無事に検査が終わり、昨夜から制限していた水分を温かなお茶を買って補った。
家に帰り、大声で神に感謝の祈りを捧げ、俳壇を眺めてくつろぎの時を持った。
 
五月雨やスロープ上る車椅子
雨の日や病院帰り新茶汲む

|

« 老いと家族 | トップページ | 油絵とパソコン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/48446754

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の通院:

« 老いと家族 | トップページ | 油絵とパソコン »