« 障害を持つ親 | トップページ | 支えられる言葉 »

2010年4月28日 (水)

昔の「生徒」へのメール

もう60歳近い昔の「生徒」からメールをもらった。車椅子でどこにでも出掛け、家ではヘルパーさんと積極的にいろいろな料理に挑戦している女性である。メールにはいつも「先生、ちゃんとご飯を食べていますか」と書いてくる温かい心の持ち主でもある。
親しくしていた同じ境遇の方が60歳で亡くなったと伝えてきた。
私はこう返事を書いた。
 
親しい人の死はショックですね。まして同じ境遇の方が亡くなるとその衝撃は大きいですね。
私の属している団体の会員でもみな障害が重くなって、困難を背負って生活をするようになりました。

私もその一人で、今朝は介護保険で世話になっている役場の方と福祉器具の貸与を受けている会社の方が見えて、より負担のかからない生活について話し合いをしました。
主に今日は電動ベッドのレンタルに関して相談したのですが、これには介護度を変更しないといけないので、その申請もしたところです。

それから以前足のむくみがひどいとおっしゃっていましたが今はどうですか。私はリンパマッサージなるものをインターネットで見つけ、それを実践しています。時間がかかるのですが、効果あるようですよ。もしも試してみるお気持ちがあったらお教えします。

では今日はここまでにします。
またメールください。お元気で。

|

« 障害を持つ親 | トップページ | 支えられる言葉 »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 障害を持つ親 | トップページ | 支えられる言葉 »