« 足を持ち上げる人 | トップページ | 昔の「生徒」へのメール »

2010年4月26日 (月)

障害を持つ親

障害を持つ親。懸命に子育てをしてようやく成人に子どもたちが達したとき親の障害はより重度になっている。
だが、子どもは従前の親を知ってるからなかなかその実態を把握できないし、認めようとしない。
子どもの世界も、社会がせちがらくなって、夫婦共働きでないと生活がおぼつかなくなっている。親のために休暇を取ることさえままならない。
このような条件の中で障害を持つ親達はますます障害が大きくのしかかってくる。
こんな障害を持つ親はきっと大勢いることだろう。

|

« 足を持ち上げる人 | トップページ | 昔の「生徒」へのメール »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足を持ち上げる人 | トップページ | 昔の「生徒」へのメール »