« 一日遅れの日記 | トップページ | 今月の俳句 »

2010年3月23日 (火)

若者の顔

春の選抜高校野球が始まった。今日は甲子園は雨。その雨も徐々に強くなった。グランドは黒く、水溜りも出来る始末。
だが、若者にはそんなことは関係ないように見えた。ピッチャーは腰のポケットに一球ごとに手を入れ、ボールが滑らないように注意しながらキャチャーめがけてボールを投げ込む。ランナーは滑り込むとユニホームが真っ黒になるが、それでも走る。
攻撃や守備が終わって仲間が集まるとその顔は輝き、目には光があった。
自分が観客席にいたらブルブル震えるだろうに、若者は嬉々として跳びまわる。
若さは人を生かす原動力のようだ。

|

« 一日遅れの日記 | トップページ | 今月の俳句 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一日遅れの日記 | トップページ | 今月の俳句 »