« 若者の顔 | トップページ | 孫の作った食事 »

2010年3月26日 (金)

今月の俳句

花桃が咲いたよ君も見てごらん
陶わんのひびのやうなり梅の枝
雪の朝根元に優しき円のあり
巣作りや小枝運ぶ鳩優し
ほころびしズボン繕う春うらら
春の雪まゆだまのごと枝に成り 

外出の機会が少なくなると季題も限られてくる。他の俳句仲間のように多彩な俳句ができなくなってくる。こんな時思い出すのはが正岡子規である。彼は根岸の小さな家の中で目の前の事をたくさんの俳句で表現したのだった。彼のおう盛な興味心と表現意欲のなす技であろう。これは失いたくないと私も思う

|

« 若者の顔 | トップページ | 孫の作った食事 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若者の顔 | トップページ | 孫の作った食事 »