« 雪が降っている | トップページ | 7年が経って »

2010年2月 2日 (火)

皆苦しんでいる PPS

「ポリオの会」という全国組織の会がある。ポリオの後遺症に悩む人たちが中心の、情報交換、体験紹介、新生活開拓を目的にした会である。
先日この会に入会したところ「ポリオの会ニュース」が送られてきた。そこには私が直面している困難に、同じように遭遇している多くの人の生活が紹介されていた。
腕力の低下、それに起因するベッドへの移乗、便座に座る、風呂に入る、電動車椅子への移乗の困難、全身の疲労、座位保持の難しさなどである。長年己に鞭打ってがんばってきた付けが高齢期になって顕在化したのである。
仲間たちは福祉機器の利用、人的資源の活用、生活の修正などでこれに対応している。
私も入浴後寝巻きを着るのに20分を要する状態になった。体の向きを変えること一つにも腕の痛み、動作の緩慢さに向き合わねばならないのである。
だが、私も一人特殊な状況にあるのではないことを覚え、会の仲間と肩を並べてやっていくことにする。

|

« 雪が降っている | トップページ | 7年が経って »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪が降っている | トップページ | 7年が経って »