« 俳句近作 | トップページ | バリアフリー設計 »

2010年1月 6日 (水)

鏡に映ったわが姿

最近大型家電量販店が近くにできた。玄関を入るとエレベータが設置してあって車椅子使用の人にも便利である。
昨日、病院の帰りにヘッドフォンタイプのマイクを買いに行った。正月の売り出しで多くの人が出ていたが皆エスカレータを利用するのでエレベータ利用者は私一人しか居なかった。
扉が開きかごの中に入る。すると正面に大きな鏡があって私の全身が映し出された。それは古着を無造作に重ね着した男の姿だった。ボタンが外れたシャツ、その上に羽織ったグレーのジャケット、そしてまた肩から落ちそうな光る素材の防寒着。ズボンも折り目などまったくない作業着。
実は泌尿器科での診察を受けやすいようにと下腹部のエコー検査、尿検査、採血を意識して身なりを整えて行ったのでこんな格好になったのだが、それにしてもこの容姿はほめられたものではなかった。
家で一人居ると、身なりまで非社会的になっていけない、そう反省した出来事であった。

|

« 俳句近作 | トップページ | バリアフリー設計 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俳句近作 | トップページ | バリアフリー設計 »