« デイサービスを抜ける | トップページ | 主の慰め »

2010年1月27日 (水)

車椅子利用者に便利なATMを

 車椅子ではATMが利用しにくくて困る。ATMの液晶画面はもともと真上から見るようにできているらしく、車椅子に乗った目線からでは文字が判然としないのである。

 早く操作しないとやり直しを機械が命じるし、後ろのお客さんのことも気になってあわてることも多く、そうするとカードが無情に吐き出されてくる。

 私が利用する郵貯銀行のATMは大型スーパーの一隅に設置されているのだが、晴れた日などは日光がもろに当たって低い目線からみると文字は消えて、画面は光る湖面のようになってしまい手の打ちようがなくなる。

 近年1人暮らしの者が多くなり自分のことは自分でせざるを得なくなった。それでも出来ないことは他人に手伝ってもらってやるより仕方ないのだが、ATMの操作はそうはいかない。だから是非車椅子でも操作可能なものに変えて欲しいのである。

 例えば、今あるATMにコードを付けて端末機を膝の上で操作できるようにしたらどうだろう。

 早急に関係金融機関に検討を願いたい。

|

« デイサービスを抜ける | トップページ | 主の慰め »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デイサービスを抜ける | トップページ | 主の慰め »