« 出さなかった手紙 | トップページ | エコキュート »

2009年12月 5日 (土)

思い出の「ばんどうの湯」へ

「ばんどうの湯」は渋川市北橘にある日帰り温泉である。群馬大学病院に通院しているころ、診察が終わると午後からよく妻と行ったものだ。湯船から眼下を流れる利根川が見え、その先に前橋の市外が望める。入り口からは遠く谷川の雪山も眺望できるのだ。
烏の行水とも言える入浴法の妻は私よりずっと早く上がって廊下で汗を拭き吹き待つことが多かった。
食堂もあるからそこでは地元の蕎麦を食べるのが常であった。
こんな思い出のある湯に今日は息子と行った。妻が病気になってから行っていないから2年振りである。
実は数日前から風呂釜が壊れて家では入浴できないのである。他の家族は近所の友人宅へ行ったり、テニススクールでシャワーを浴びたりしてしのいでいるのだが私はタオルで体を拭いてよしとしている。
そんな私を見かねてか、息子が温泉に行こうといってくれた。
そして二人で温泉につかり、懐かしい食堂であのときの食事を頂いて帰ってきたのである。
景色の一こま一こま、建物の隅々に妻との思い出を再現させながら今日の温泉行きは過ぎていった。

|

« 出さなかった手紙 | トップページ | エコキュート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事