« 聞く者の傍らに | トップページ | クリスマスの祈り »

2009年12月17日 (木)

小さなクリスマス

教会の友が集って我が家で小さなクリスマス礼拝を捧げた。
黙祷 挨拶 讃美 交祷 聖書 讃美 メッセージ(クリスマスの意味) 祈り 讃美 派遣の言葉 挨拶
以上の順序で礼拝は進んだのだが、ここでは全員で朗読したメッセージを掲げよう。

「クリスマスは、聖書が伝えてくれたうれしい知らせです。神さまは私たちを深く愛してくださって、ふしぎな仕方で私たちのために、すばらしいことをしてくださいました。

 それは、救い主キリストがえらい学者や強い王さまや英雄としてではなく、ひとりの赤ちゃんとして、暗く寒い夜に貧しい家畜小屋で生まれてくださった、ということです。どんなに小さい子どもでも、悲しみや苦しみの中にある人も、みんなが少しもこわがらないで、喜んで、安心して信じることが出来るためでした。

 クリスマスにあらわされた、このような神さまの心は、イエスさまの言葉とみわざ、十字架の死と復活のおとずれの中で、ますますはっきりしてきます。どんなに暗い気持ちで悲しんでいる人も、さみしい人も、憎み争っている人も、もうだいじょうぶなのです。このキリストが共にいて、明るく暖かく清くしてくださいます。

 クリスマスは、世界に希望と勇気と正義と平和を取り戻してくださるという、神さまからの特別な、確かな約束です。私たちはこんなに愛されていることを知ったのですから、喜び祝い、感謝の礼拝をささげ、また人々にもこのうれしい知らせを宣べ伝えるのです」。
 
今朝の恵みに感謝。アーメン

|

« 聞く者の傍らに | トップページ | クリスマスの祈り »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聞く者の傍らに | トップページ | クリスマスの祈り »