« クリスマスの頂き物 | トップページ | 歳末礼拝 »

2009年12月26日 (土)

そば屋にて

低い山が薄くつながっている。昔ふうのそば屋の中は灯油ストーブがちろちろと燃えていた。
何年かぶりに訪ねた店は私の郷愁をさそるかのように変化がなかった。
カツ丼を注文する孫、ビールを求める息子を見ながら私は妻といつも食べていたおろしそばを今日も食べることにした。
私が時どき寄っていたことは店の奥さんも覚えていただろうが何も言わずに彼女は愛嬌をふるまってくれた。
そばの味はあの時と同じで、大根の味がピリリとしていた。

|

« クリスマスの頂き物 | トップページ | 歳末礼拝 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスの頂き物 | トップページ | 歳末礼拝 »