« 今月の俳句 | トップページ | 「障害を乗り越える」という発想 »

2009年12月 2日 (水)

冬の日

冬の日やリンゴ一つを丸かじり

しばらくぶりに祈りの会に出た。先週出席者の欄に女性1と週報に書かれていたので先生だけでなく出席者がいたことに勇気を与えられ出かけたのだ。
冬の日が窓から差し込むところに席を占めて、アドベントの祈りを捧げ、聖書に聞き、共に祈り、よいときを過ごした。
帰って昼食。冷凍庫から取り出したものをレンジに掛けおいしくいただく。カーテンをいっぱいに開け、冬の日をいっぱいに浴びながらの食事だった。
その後、リンゴを探し出し、包丁でむいた。白い肌がみずみずしい。そのまま丸かじりにした。
朝読めなかった新聞をゆっくり読んで、今2時。
満ち足りた思いである。

|

« 今月の俳句 | トップページ | 「障害を乗り越える」という発想 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事