« いつメン ふつメン | トップページ | 最近は・・・ »

2009年10月 4日 (日)

祈り

一人の姉妹が天に召された。長い病の後の召天だった。
今日は私が献金感謝の祈りを捧げる日。そのとき、私はこう祈った。
  
「御在天の主なる神様。今朝も兄弟姉妹と礼拝に招かれあなたの御言葉に与れましたことに感謝します。あなたはわたしたちをいつも食事の席に招いておられることを先生の言葉を通して知らされありがとうございます。わたしたちは自分の都合を優先し、あなたの招きを断り続けています。どうぞあなたの元に帰り、豊かに食事の席に連ならせてください。
  
今日はまた聖餐に連なることができました。わたしたちのために命を惜しまず捨てられた主の恵みをパンとブドウ液をいただきながら新たに知ることができ感謝します。
  
神様、今朝は悲しい知らせに接しました。長い間苦しみのうちに過ごされたY姉妹の痛みが天上においては喜びの日々に変えられますように祈ります。いつの日かの礼拝で教えられましたように、姉妹はちょうどマラソン走者がゴールに走りこむように、この世の日々を走り終えて、あなたの懐に凱旋したことを信じます。そして多くの先達たちが拍手をしてY姉妹を迎えたこともわたしたちは信仰によって知っています。
神様、姉妹を長きにわたって見守ったご家族のご苦労を恵みによって癒してください。
  
今捧げます献金を教会のためにお用い下さり、よい交わりのある教会が与えられますように。これらの祈りと感謝、主の御名によって祈り上げます。」

|

« いつメン ふつメン | トップページ | 最近は・・・ »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつメン ふつメン | トップページ | 最近は・・・ »