« 寂しいぞ | トップページ | 期待 »

2009年10月29日 (木)

ああ、落ちる!

 買い物に出るときには電動車椅子を使う。常時家で使用しているものとは違う車椅子だ。
 先日、玄関で電動に乗り換えようとした。手動式の車椅子をなるべく近くに寄せ、手の力で腰を持ち上げ、電動式の座面にお尻を移さねばならない。この日もこの方程式にのっとって行動を起こしたのだが、尻が十分に移動しなかった。半分の尻が空間に残ってしまった。すると足が床で徐々に滑り出した。これはまずい、そう感じたがもう止めようがなかった。
 こうなったら気持ちを切り替えねばならない。うまく落ちることである。足をひねって捻挫したり、体のどこかを打たないように安全に落ちよう。
 ゆっくりと見事に体は着地した。
 従来ならこのままで一日を過ごさねばならなかっただろう。自力では車椅子に乗れないのだから。だが、現在はそんな心配はない。
 私はお尻を床の上で滑らせた。両手で床を押し、床の清掃をするように進んで行ったのだ。行く先は脱衣場にあるスタンディングチェアであった。そこまで行けばチェアで体を高くすることが出来るのだ。目的は車椅子に乗ることだから、床を進みながらも手動車椅子を引きずっていくことも同時に行っていた。
 こうして、車椅子に乗って、今度は電動車椅子への移乗を無事に終了した。「一仕事が終わったなぁ」、苦笑して私は玄関から明るい外に出た。

|

« 寂しいぞ | トップページ | 期待 »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寂しいぞ | トップページ | 期待 »