« 今日の聖句 苦しみの中に喜びの福音が | トップページ | いつメン ふつメン »

2009年9月30日 (水)

マッサージ師の奥さん

以前体がきつくなるとマッサージを受けに行った家がある。鉄道の近くで、一時間に3本ぐらいしかない電車が来ると、閉め切った家の中までゴトゴトと線路の音が響いてくるところだった。
盲人のマッサージ師は少し強めに力をこめて一時間、一生懸命に揉んでくれたものだ。
だが、いつ行っても奥さんの姿は見えなかった。聞くと、郵便配達をしているとのこと。そういえば私の家に来る配達の人は女性だった。その方が奥さんなのだとすぐに合点が行った。
 
先ほど、昼寝をして体を休めようかと横になっていると、ドアフォンが鳴った。マッサージ師の奥さんであった。雨が降っているので黒い合羽を頭からかぶっていた。
「今、昼寝をしようと思っていたのに」と言うと、「ごめんね。年賀はがきを注文してもらおうと思って」と言う。
150枚頼んで、「旦那さんはまだマッサージをやってる?」と聞くと、7月29日に亡くなったとのことだった。一昨年に脳梗塞で倒れ、その後妻が入院していた同じ病院に入退院を繰り返し、腎臓の病気も見つかって、体がずたずたになって亡くなったと玄関脇に座り込んで話してくれた。
「そうなの。私も妻がいなくなって疲れて仕方ないので、マッサージをしに来て欲しいと思ってたんだ」旦那さんのことに触れた理由をこう伝えると、「私も疲れる。この仕事はきついのよ」、「もういつ死んでもいい。あまり苦しまないで死ぬならね」。
マッサージ師の奥さんの郵便屋さんは注文のお礼を言ってまた雨の中を自転車に乗って帰って行った。

|

« 今日の聖句 苦しみの中に喜びの福音が | トップページ | いつメン ふつメン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の聖句 苦しみの中に喜びの福音が | トップページ | いつメン ふつメン »