« 琵琶の「さわり」のように | トップページ | 田舎の運動会 »

2009年9月17日 (木)

松井とイチロー

イチローが9年間連続200本安打を放ったことがマスコミで大きく取り上げられている。大リーグ記録を塗り替える快挙だという。体の管理、精神力の強さ、練習の積み重ね、これらの上に成り立ったこの記録はイチローという人物の強靭さを示していよう。
だが私はイチローの試合には興味がなく、見ることもない。
それに比べてヤンキースの松井秀樹の成績はいつも気になっている。放送があれば見るし、ない日にはテレビのデータで確認せずにはいられない。
松井は現在の打率は2割7分ほどだ。ということはイチローのように確実にヒットを打てるわけではないのだ。スタメンに出ない日も時々ある。
DHとして出場し、肝心な場面で時々凡打する。すると表情を曇らせてすごすごとベンチに帰り、椅子に黙って腰を下ろす。
私は松井のこうして感情を静かに表に出すところに惹かれるのだ。ホームランを打てば、笑顔でホームベースに戻ってくるが、その顔にはどこかテレがある。完全に感情を表出することのできない照れ。
昨年の怪我で今年は契約延長ができるかどうか危ぶまれていた。来年も34歳の男の喜怒哀楽の野球人生を見たいものだ。

|

« 琵琶の「さわり」のように | トップページ | 田舎の運動会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 琵琶の「さわり」のように | トップページ | 田舎の運動会 »